HOME » 医師転職の成功口コミ体験談【シチュエーション別】 » 勤務日数や勤務時間を見直したい

勤務日数や勤務時間を見直したい

希望する待遇の勤務先へ転職した医師たちの体験談

女医のイメージ

週5勤務から週4勤務、勤務時間の短縮など、希望する日数・時間に見合った勤務先への入職に成功した医師たちの体験談を紹介します。転職するにあたって希望していた条件はもちろん、転職を考えた理由、転職活動中のエピソード、また前職と現職の年収、勤務形態の比較などを掲載し、転職を経験したドクターたちの内情に迫ります。

内科から健診クリニックへ

我が子の受験のために、時間にゆとりのある勤務先を希望していました(40代女性)

  前職 現職
年収 1,300万円 1,200万円
勤務形態 週5日勤務 週4日勤務

前職は毎日残業のある職場でしたが、子どもが中学受験するので家にいてできるだけ支えてあげたい、塾へ送り迎えできるくらいの余裕をもって働きたいと考え転職を決意しました。希望条件は週4日勤務、17時頃には帰宅できて当直がないこと。

今後の子どもの教育資金のことを考え、年収は多少の減少は仕方ないとしても、なるべくダウンさせたくありませんでした。知人に紹介してもらって転職紹介会社のコンサルタントと会い、条件にあう案件として検診クリニックと病院を紹介してもらい、検討した結果、完全予約制で、残業が大幅に長引くことはない検診クリニックに入職することに決めました。年収も大幅にダウンすることなく、希望の職場に転職できたので大変満足しています。

地方大学病院医局泌尿器科から東京の病院の泌尿器科へ

給与はもちろん、時間にももっと余裕がほしかった(40代男性)

  前職 現職
年収 1,200万円 1,800万円
勤務形態 週6日勤務+当直週1回 週4,5日勤務

大学病院医局に所属して急性期病院で働いていましたが、あまりの激務にもっとゆったり勤務したいと思い、頃合いをみて転職会社に登録しました。子供も2人でき家族との時間を大事にしたかったので、週5日勤務で残業なしを希望。

家の購入も考えていたので、年収は1,700万円で求人を探してもらったところ、数件提示していただき、その中で気になった求人先での面接を設定してもらいました。休日というのに面接には院長先生、現在の泌尿器科医師、事務スタッフの方などが出席され、面接後には迷うことなく入職を決めていました。思い切って医局を出て転職して、本当に良かったと思っています。(男性40代)

外来病棟管理から在宅診療へ

フルタイムの非常勤よりも、待遇の良い常勤先を紹介してもらいました(50代男性)

  前職 現職
年収 1,500万円 1,800万円
勤務形態 週5日勤務+当直1回/月 週4日勤務+当直なし

地方にある救急病棟で働いておりました。過疎地なもので毎日が激務だったわけではありませんが、夜遅くなることもしばしばある上、週5日の勤務に当直が月1回。我が家のある県内で働いているにも関わらず、なかなか家族との時間が取れない状況でした。

そこで転職エージェントに登録。すると、単身赴任で都内へ行き、週3日は実家へ帰るといった勤務方法を提案されました。当時の職場では連休をもらうことすら難しかったため、そういった選択肢に驚嘆。コンサルタントがそのように病院に掛け合ってくださり、今では週3日家族と過ごせる無理のない勤務をしています。

pagetop