HOME » 医師転職の成功口コミ体験談【シチュエーション別】 » もっと給与の待遇が良いところを探したい

もっと給与の待遇が良いところを探したい

前職よりも高収入の勤務先へ入職した医師の体験談

ドクターたちのイメージ

給与が前職よりもアップし、高収入となったドクターたちのの転職体験談をご紹介。最大でなんと700万もアップするという成功事例もあります。しっかりと自らの希望条件をエージェントの専任コンサルタントに伝え、協力して転職活動を進めるのが成功のカギといえそうです。どうすれば給料をアップできるのか、さまざまなエピソードを参考にして転職を成功させましょう。

大学医局精神科から地元病院の精神科へ

初めての転職だったけれど、担当者の方が親身に相談に乗ってくれた(30代男性)

  前職 現職
年収 1,000万円 1,600万円
勤務形態 週5日勤務 週5日勤務

大学医局に所属し、数年ごとに関連病院内での異動や転勤を繰り返していたのですが、待遇の悪さと将来への不安を感じ、地元で落ち着いて働きたいと転職紹介会社に登録。

転職先への条件として、精神科単科病院であり、慢性期も急性期も診られ、大学関連病院ではなく、年収は1,700万円位を希望。卒業してからずっと大学医局で働いてきて、初めての転職でした。不安でしたが紹介会社の担当の方が自宅まで来て、今後についてじっくり話し合ったり相談したりすることができたので、とても安心できました。

紹介していただいた医療機関2ヵ所に面接に行きましたが、最終的にこの人の下で働きたいと思った上司となる院長先生のいる病院に決め、すぐに入職。思っていたよりずっとスムーズに、待遇面も驚くほど良い条件で転職をすることができたので、本当に相談してよかったと思います。

医局の病理科から都内の病院に新しくできる病理科へ

希望にぴったり合った勤務先へ入職!前職も円満に辞めることができました(30代男性)

  前職 現職
年収 1,100万円 1,450万円
勤務形態 週5日勤務 週5日勤務

医局に勤務していましたが、2年くらいで派遣先が変わって地方の病院を転々としなければならず、できれば都内に腰を落ち着けたかったことと、月4回の当直のわりに給与が低いと感じていたので40歳を前に転職を決意しました。希望勤務条件としては23区内、年収1,300万円以上、病理診断ができる職場で、できれば2名体制以上で働けるところで求人を探してもらいました。なかなか見つからず気長に待つことにした数週間後、ぴったりの案件があるという連絡を受けたのです。

それは病院の建て替えを機に、新たに病理科をつくり病理診断も内部で行うため常勤病理医を募集しているというもの。すぐに面接を受けに行き入職を決めました。結果、コンサルタントが交渉してくれたおかげで、最初は1,300万円だった年収が1,450万円になり、退職のアドバイスもしてもらったことで円満に退職でき本当に良かったです。

循環器科から内科へ

診療所3つを冷静に見比べて、自らの希望を叶えた女医の転職エピソード(30代女性)

  前職 現職
年収 1,800万円 2,500万円
勤務形態 週5日勤務 週4日勤務

大病院の第一線で診療していましたが、プライマリ・ケアにより近い仕事をしたくなったのと、もう少し時間に余裕が欲しかったので転職を希望。僻地医療にも興味があったので、医師不足の地域での勤務という条件で探してもらい、希望条件に近い病院を数件紹介してもらいました。

3つの医療機関に見学に行き、今の病院に決めたのは院内の雰囲気や院長先生やスタッフの対応が良かったこと、勤務条件である週5日勤務、年収2,000万円以上あることといった、希望条件をすべてがクリアしていたのが決め手でした。よい面だけでなく、懸念点もちゃんと話してくれたコンサルタントのおかげで、冷静に選ぶことができたので良かったと思っています。

pagetop