希望の診療科へ転科したい

転科に成功したドクターの体験談

ドクターのイメージ

所属している科目とは別の科目に転科し、より良い環境の勤務先へ入職することに成功したドクターたちの体験談を紹介します。前職から現職に変わるにあたっての給与や勤務形態の変化や、転職の理由、新しい勤務先へ求める条件など、詳しい内容を掲載しています。転職を希望しているドクターは、ぜひチェックしてくださいね。

呼吸器外科から内科へ転職したケース

開業の下積みのため…コンサルタントのおかげで希望通りの転職に成功(30代男性)

  前職 現職
年収 1,000万円 1,600万円
勤務形態 週5日勤務+当直週1回 週5日勤務+当直なし

呼吸器外科医として医局に所属していましたが、腰を悪くしてしまったので、外科をやめて開業しようと考えるようになりました。そのために、現場で内科を学ばなくてはならず、開業資金をためる必要もあったので、給与条件のいい勤務先に転職することに決め、複数の紹介会社に登録しました。

希望最低ラインは内科を学べる環境があり、前職以上の年収であること、できれば当直無しという条件で求人を探してもらい、数か所に見学と面接に行きました。その中で、業務内容や給与額が希望通りで、将来の開業についても快諾してくれた現在の病院に入職することを決めました。コンサルタントさんが色々アドバイスしてくれたおかげで、スムーズに転職できてよかったです。

外科科から内科へ転職したケース

体力の衰えで転科を決意。やりがりを持ちつつ、ゆったり働ける職場へ(50代男性)

  前職 現職
年収 1,500万円 1,200万円
勤務形態 週5日勤務 週4日勤務

年齢的に体力も落ち、目の病気を患ったので視力も落ちてしまい、手術を続けることが厳しくなってきたので転職を決意。前は週5日勤務でしたが、週4日でゆったり働くのが理想でしたので、クリニックでの簡単な外来や介護老人保健施設の健康管理業務を希望しました。ほかにも、自宅から30分以内がよいという条件を追加。

転職会社に登録すると、すぐに老健の求人を3つ紹介していただけました。どこも条件が良くて迷っていたら、ありがたいことに、コンサルタントの方が、メリットとデメリットをまとめた資料を作成してくれたのです。妻とも相談し、自宅から車で10分という老健に入職することができました。年俸が低い点が気になったのですが、コンサルタントの方が交渉をしてくれたおかげで、満足いくところまでアップしてもらえました。併設するクリニックで外来や訪問診療にも携われるので、やりがいを持ちつつ体力的に余裕をもって働けるだろうと思っています。

在宅診療からリハビリテーション科へ転職したケース

今まで働いた経験を活かせる勤務先へ転職したくて(40代女性)

  前職 現職
年収 1,200万円 1,600万円
勤務形態 週4日勤務 週5日勤務+当直月2回

ずっと在宅医療を行っていましたが、リハビリテーションの知識も必要であると思い、スキルアップのためにも、リハビリテーション専門病院への転職を希望しました。転職条件は、リハビリテーション専門医が取得できる、指導体制が整っている、自宅から1時間以内で通えるという3つ。

転職会社に求人を依頼したところ、リハ専門医の取得ができる、日本リハビリテーション医学会認定施設を数件紹介してもらいました。そしてコンサルタントと一緒に指導体制、通勤時間、待遇などについて検討した結果、2候補に絞り込んで面接を受け、小児リハをさせてくれるだけでなく、在宅診療も行っている病院に転職が決定。

実は担当コンサルタントが、「リハだけでなく、これまでの経験も活かせる勤務も検討して欲しい」と病院に頼んでくれていたということを後で知って、たいへん感謝いたしました。

pagetop