HOME » より良い勤務先を見つけるために医師の転職成功マニュアル » 転職支援サービスを利用するメリット

転職支援サービスを利用するメリット

注目!転職エージェントを利用する6つのメリット

ドクターたちのイラスト

これまで医師が転職をする際は、知り合いのコネや紹介を利用したり、ヘッドハンティングされたり、といったケースが多かったようです。しかし最近では、ドクターが自ら求人媒体をチェックし、応募することも一般的になってきています。

そんな中、注目を浴びているのが転職エージェントの利用。経験豊かな専任アドバイザーが、転職者のキャリアやスキルを踏まえ、希望条件に合った求人を紹介してくれるサービスを行っている会社です。ここでは、転職エージェントが行ってくださることを紹介し、サービスを利用するメリットをお伝えしていきます。

非公開求人を紹介してもらえる

ハローワークや求人媒体に公開されているような求人だけでなく、エージェント独自の非公開求人を多く紹介してくれます。医療機関が公にしたくないポストを求人したい場合や、しっかりとした人材を欲している場合などは、普段から信頼している専任エージェントだけに依頼をします。そのため、非公開求人といった扱いになるのです。

医療機関側としても、優秀なドクターをなるべく早く効率的に採用できるというメリットがあります。同時に、非公開のものは好待遇の求人であることが多いので、応募側にも大きなメリットがあります。しかし、非公開求人はスピーディに対応しないとすぐに採用が決まってしまうので、エージェントとコンタクトをとり、自分の希望を伝えておくのがベストです。

面倒な書類作成は1度でOK

転職活動では、職務経歴書や履歴書など、多くの応募書類を作成しなくてはなりません。最近はそれらをパソコンで作成される方も多く、データを一部書き直して使いまわしすることもできますが、そうはいっても複数の応募先に書類を送付するのは、非常に大変な作業です。

転職エージェントをでは、たった一回の書類作成で済み、全てエージェントが管理をして書類送付を担当してくれます。また、書類作成のアドバイスや代行をしてくれるところも増えてきているので、多忙な方は利用してみてはいかがでしょうか。

転職活動は全てコンサルタントが代行

ドクターの転職活動というものは、現職を勤務しながら行う方が大半。しかし、応募先とのスケジュール調整は難しいうえに面倒なものです。

エージェントに登録しておくと、求人情報の調査・収集から医療機関との面接のセッティングや、給与などの条件交渉まで、全て専任コンサルタント担当してくれます。忙しいドクターがスムーズに転職活動をすすめるためには、必要不可欠な存在といえるでしょう。

コンサルタントになんでも相談できる

転職活動中は、色々と悩みが出たり不安になったりするものですよね。転職エージェントでは、担当のコンサルタントが相談にのってくれたり、面接を成功させるノウハウについてアドバイスしてくれたりするので、応募者は安心して転職活動を続けることができます。

時には第3者の目で冷静に見てくれるなど、転職が成功するまでずっと親身になって寄り添ってくれるので、転職希望者にとっては心強い味方となります。

pagetop