HOME » 【こだわり別】医師の転職エージェントをご案内 » 女性医師向けのサポートが充実している

女性医師向けのサポートが充実している

女医と患者さんのイラスト

近頃、女性ドクターの割合は増加する傾向にありますが、その中で女性が家事・子育てと仕事を両立できる環境はなかなか整っていません。ここでは、女医のライフスタイルを考えた、働きやすい待遇の求人を掲載しています。また、その求人を取り扱っている転職エージェントも併せてご紹介。転職や職場復帰をサポートしてくれる強い味方を見つけましょう。

女性医師の約半分は転職経験者!

まずは以下のグラフを見てみてください。

女医の転職事情の円グラフ

引用元: joy.net 『女医たちの転職事情 転職活動をしたことある女医は6割近く!』

 

(https://www.joystyle.net/articles/142)

 

このグラフは、女医に対して「転職活動をしたことがありますか?」という問いに対する答えをまとめたものです。見れば分かるように、現在女医を勤めている女性の半数以上が転職活動をしたという結果が出ています。その内実際に転職をしたという人はなんと全体の50%以上に及びます。職業性もあるのでしょうが、転職という行為そのものが一般化したことが分かる結果と言えます。

転職活動をした女性の転職先の探し方は実に様々ですが、最も多いのは自分の手による情報収集という方法です。人材派遣会社を利用したり知人からの紹介を経たりといった方法を利用する人もいるものの、転職サイトを利用したり病院が運営しているHPの求人募集をチェックしたりといった自力での転職活動が多い傾向にあるようです。

まずは女性が働きやすい職場の特徴を把握しておこう!

女性が転職するにあたって最低限チェックしておきたいポイントの1つに、「女性が働きやすい環境にあるかどうか」というポイントがあります。

 

では、女性が働きやすい環境にある職場は、具体的にどのような制度や体制を設けているのでしょうか。確認してみましょう。

 

  • 院内に保育所を設置したり病児保育の提供などを実施している。それらが対応できない場合にあっても、民間のシッターサービスや保育所の共同設置及び共同利用がしやすくなる工夫を加えている。
  • 勤務体制や勤務時間において、育児をしながら働きやすい環境に整えている(当直制度や時間外勤務への配慮など)
  • 復職する人に向けて実技実習やeラーニングなどによる支援を行っている

上に挙げた例を見れば分かるように、総じて「女性が仕事と育児を両立できる環境」であると言えます。これは次の転職先が病院のような医療機関であっても同様です。今勤めているところとは別の医療機関に転職しようと考えている場合でも、上記の条件をクリアしているところを選ぶようにしましょう。

女性医師の転職に強いエージェント選びが重要

得てして女医は他の職種に比べ結婚や出産、育児などの大事な場面と対峙したとき、会社から満足のいくサービスを得られなかったり、場合によっては退職したりすることもあります。

 

そのような事態を回避するための一番の方法は、ずばり転職エージェントを利用することです。

 

現在国内には数多くの転職エージェントがあります。転職エージェントの中には、得意分野に沿ったサービスを行うところも少なくなく、女医の転職に強いところもあります。

 

そこで、女医をはじめ転職を考えている女性に役立つ、おすすめの転職エージェントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

女医向けサービスを多数展開している転職エージェント・医師のとも

女医が活躍する外来クリニックからの求人
募集科目 一般内科
勤務内容 外来診療
年収 1,200万~1,800万円
勤務日数 週4~5日
勤務時間 11:00~19:00
備考 時短勤務応相談、当直無し、交通費別途支給
子育て中の女性医師も多数勤務する職場
女性のワークライフバランスを考えた環境からの求人
募集科目 内科
勤務内容 外来診療、健康診断
年収 1,200万円~1,500万円
勤務日数 週4~5日
勤務時間 9:00~18:00
備考 女医による女性患者のためのクリニック
健康診断メインのためワークライフバランス抜群

医師のともの求人情報をもっとチェックする

医師のともとは?

多くの医療機関とのコネクションを保持!医師のともを利用して充実したワークライフを

医師のともキャプチャ画像
引用元:医師のとも公式HP
(http://ishinotomo-tensyoku.com/)

元フリーライターである代表・柳川圭子氏は、これまでに400人以上の女性ドクターを取材し、今でも多くのドクターと親交関係を続けています。長い時間をかけて、多くの女性ドクターや医療機関、女性院長との固い信頼関係を築いているおかげで、女性のライフスタイルを第一に考えてくれる医療機関とのパイプも多く保持しているのだそう。

医師という仕事の他にも、女性ドクターのプライベートを充実させるため、健康や美に関する原稿執筆やメディア出演、商品開発やレシピ開発、講演活動など才能と知識を生かした活動でプライベートも充実させるサービス「女医+」、医師や士業、経営者などとの婚活パーティー、ママさんドクターの交流会、保育相談など、様々な方面からサポートを行っています。

また入職後に、旅行券や図書券、高級白衣や聴診器などをプレゼントする、ちょっとうれしい入職お祝い制度もあるのだそうですよ。

医師のともの公式サイトで女性向けのサポートについてチェック

多くの医療機関やドクターから頼りにされるJMC

保育所を24時間365日利用可能
募集科目 乳腺外科
勤務内容 健診、外来など
年収 1,000万円~
勤務日数 週4~5日
勤務時間 8:30~16:30(繁忙期で17:00前)
備考 外来や健診など、勤務詳細は相談可能
保育所完備で24時間365日対応
プライベートとの両立に理解ある職場
募集科目 一般内科/健診・人間ドッグ
勤務内容 一般健診
年収 800万円~
勤務日数 週5日
勤務時間 8:30~17:00
備考 経験年数により給与変動可能
週4勤務も要相談

JMCの求人情報をもっとチェックする

JMCとは?

経験豊富なプロのコンサルタントが多数在籍!業界トップの転職活動を提供

JMCキャプチャ画像
引用元:JMC公式HP
(http://dr-ar-navi.jp/)

転職やアルバイト探しをサポートする「JMC(日本メディカルコネクション)」は、2016年7月時点で、月間100以上のドクターからの求職相談、6,000施設以上の全国の医療機関や企業からの医師採用の相談などを受けています。求人の8割が非公開求人というのも、医療機関が公にしたくないポジションの求人や緊急な求人を医療機関・企業と太いパイプを持ち信頼のおける専任エージェントに依頼するからなのです。懇意にしている医療機関や企業からの求人を、いち早くもらえるので他社に無いユニークな求人が多くあり、そんな求人を医療業界に精通した経験豊富なエージェントが転職までスピーディにサポートします。

また、男性ドクターだけでなく女性ドクターのための求人も充実しています。女性医師の数は年々増えているものの、育児や介護で臨床現場を離れるというケースも多く女性医師の職場復帰は大きな課題となっています。女性医師にとって働きやすい職場は、短時間勤務でき、オンコールや当直のない職場や保育所のある職場ですが、JMCではそのような女性医師のための公開求人や非公開求人も多いので、ドクターの希望に合った職場を見つけやすくなっています。

JMCの公式サイトで女性向けのサポートについてチェック

業界最大級の求人数!希望に合った求人を提案する民間医局

託児所完備の駅チカ求人
募集科目 救命救急科
勤務内容 救急対応(ER)
年収 1,200万円
勤務日数 週4、5日
勤務時間 8:30~17:00
備考 院内託児所完備、勤務日数・時間は相談可能
女医の支援制度を完備した病棟
募集科目 神経内科
勤務内容 外来及び病棟管理
年収 1,500万円
勤務日数 週5日
勤務時間 9:00~17:00
備考 当直なし、勤務日数・時間は相談可能

民間医局の求人情報をもっとチェックする

民間医局とは?

自身のキャリアプランとして、さまざまな方法を掲示してくれる

民間医局キャプチャ画像
引用元:民間医局公式HP
(http://www.doctor-agent.com/LP/fulltime_2/index.html)

民間医局は、医療機関と登録ドクターからの信頼度が高く、医師・医学生の登録会員数85,000人、年間入職実績件36,000件、取引医療機関数9,500施設という数を誇る会社です。 専任エージェントがドクターの希望を聞き、ライフスタイルや事情も踏まえ、あなたに合った求人を提案してくださります。医療施設との面談・施設見学には、専任エージェントも同行して言いにくい雇用条件の交渉も代行、ドクターと相談しながら勤務先を決めていき、入職後に待遇が違う場合には対処するなどアフターフォローもしっかりと行います。

結婚・出産・育児、配偶者の転勤など、女性ドクターのキャリアやワークライフを支援するためのさまざまな支援サービスも充実しています。個々のドクターの状況を専任エージェントが丁寧に伺い、キャリアアップとしての転職への提案や家庭生活と医師との両立を考慮した職場復帰への支援を行い、家庭も仕事も大切にしたいという女性医師から大きな支持を得ています。

民間医局の公式サイトで女性向けのサポートについてチェック

pagetop